ホームページ

姉妹ブログ

無料ブログはココログ

« 保存食のすすめ | トップページ | 冬の主役 »

保存食のすすめ

保存食の第2弾はイクラとイカの塩辛です。

Img_2421

新井にある魚屋さんで生きの良い生筋子とするめいかを買ってきました。

筋子は魚焼き網でほぐし、酒と醤油で味付けをして冷蔵庫で一晩なじませてから、冷凍保存をします。

Img_2424

イカの塩辛は、イカの重さの3%の塩と塩昆布1つまみでつけます。朝晩に混ぜ合わせ3日くらいで味がなじむので小分けにして冷凍保存をします。

年末年始は冬の家族(友人)が来ますので、夕食で出したいと思います。みんな、イクラを楽しみにしてくれています。 

« 保存食のすすめ | トップページ | 冬の主役 »

保存食」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!

イクラおいしそうですね。
筋子を魚焼き網を使ってほぐすというのが
どうやってほぐすんだろう???と不思議です。

わたしは45歳の専業主婦ですが、料理が苦手で
良かったら教えてください。
よろしくお願いします。

ブログに訪れていただきましてありがとうございます。
さてイクラの作り方ですが、生筋子は膜の破けているところが必ず1直線にあります。そこを広げて卵の部分を魚焼き網に直接ごろごろさせます。網はボールの上においてください。あまり力を入れないように1粒づつ丁寧にごろごろするとよく取れます。味付けは好みですが、我が家では醤油と酒のみです。必ず1晩冷蔵庫で寝かせてください。味がしみ込みます。保存瓶は熱湯で蓋と一緒に30分位消毒をして、瓶の温度が下がったらイクラを入れて冷凍保存をしてください。年末年始迄は大丈夫です。作ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保存食のすすめ:

« 保存食のすすめ | トップページ | 冬の主役 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック